上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.--
    web拍手 by FC2
    昨日この欄にトンチンカンと書いてふと疑問に思いました。
    そもそもトンチンカンとはなんぞ?

    トンチンカンの意味はわかるんですが
    どうしてトンチンカンという言葉になったのかというと
    これがトンチンカンでさっぱりわからない(^。^;)

    漢字表記は頓珍漢。
    漢字辞書で調べると【頓】は急ぐとか急にという意味だそうで
    となると頓珍漢の意味は
    急ぐ男は珍しい?
    やっぱりこりゃトンチンカンです(^。^A;;

    そこで、サクっと検索w
    語源辞典であっさりとヒット♪
    いやぁ〜、便利な世の中になりました(#^.^#)

    以下語源辞典の引用です。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    とんちんかんは、鍛冶などで師が鉄を打つ間に弟子が槌を入れるため、ずれて響く音の「トンチンカン」を模した擬音語であった。
    音が揃わないことから、ちぐはぐなことを意味するようになり、さらに間抜けを意味するようになった。
    漢字で「頓珍漢」と書くのは当て字である。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    なるほど( ..)φ
    頓珍漢はただの当て字だったんですね(+。+)
    ちなみにちゃんと槌が入ったときには「トンテンカン」と聞こえるそうです。

    あ〜スッキリした(^^♪





    ↑ブログランキングに参加してます。
    ポチっとしていただくと管理人のやる気が出ます♪
    関連記事
    スポンサーサイト
    2012.01.09 本文:0 | TrackBack:0
    web拍手 by FC2
    Secret

    TrackBackURL
    →http://papaquena.blog.fc2.com/tb.php/128-b203893e
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。